テレビのリサーチャーとして働き始めてから、放送作家へ転身しましたこはるです。

 

東京にある某テレビ局にて行われる会議に参加するとか、制作会社での会議などのほかは所属する事務所にこもり作業する、ネタ探しのため街探検に出かけるなどが仕事です。

 

仕事柄夜型の毎日になっています。

 

テレビ業界人・放送作家の彼女と出会う、アプローチする、モテる男性とは?について紹介していきます。

 

放送作家は業界人との出会いが多いものの幻滅する事も多々あり

 

未だにどちらかというと男性が中心のテレビ業界なので、若いアシスタントディレクターをはじめ、現場で働く男性たちに囲まれて過ごしているので自然と業界人の出会いが中心です。

 

夜型の生活の人が多い事から、飲みに行くお店も業界の仲間たちが行くような場所が中心で、一般的なサラリーマンタイプとの出会いがとても少ないです。

 

また関わる仕事によって不規則な勤務となるため、仕事に関しての理解力がない男性とは残念ながら長続きしない方が多いです。

 

普通の職種の男性と付き合っている女性は、学生時代からの彼氏など昔から付き合いがあるというパターンが目立ちます。

 

テレビ業界・放送作家の女性は赤坂や麻布などテレビ局に近いところにいます!

テレビ局がある赤坂とかテレビの制作会社が多い麻布や六本木周辺でうろついている事が多いです。

 

飲みに行くのはひと仕事終わってからなので、21時以降くらいからが多いです。

 

アシスタントディレクターと比べるとそれなりの金額を貰っているので、夜遅く時に朝まで飲んでいたとしてもタクシーで帰宅する人が目立ちます。

 

終電を気にしませんから夜中や朝方まで騒いでいる場合が多々あります。

 

芸能人の人と飲む場合には一般人があまり出入りしない、一見さんお断りのお店や貸切となってしまうのでなかなか出会えませんが、通常は男性スタッフたちと居酒屋でも飲みます。

 

女性だけで飲む場合にはワインバーなど雰囲気を重視しています。

 

夜、飲まない場合でも自炊するより外食が多いのでイタリアンやフレンチ、日本料理店にも顔を出します。

 

ただし男性上司がいれば多少の奢りがあるので少し高級な食事となるのですが、女性だけですとシビアなケースもあって夜中にファミレスでご飯を食べて打ち合わせ、なんて場合もあります。

 

放送作家はトレンド情報にある程度強くないと話になりませんから、話題のお店がオープンしたらまずは一度出向く人と出かけはしないけれど自宅で最新情報を集めまくるタイプがいて、出歩くタイプとは話題の場所で知り合う事も可能です。

 

テレビ関係・放送作家の女性には、下ネタは極力抑えめで会話する

テレビ業界人の中には下ネタを話して女性が照れるのが楽しいという、今なら問題になるような事をする方が残っています。

女性向けに下ネタをしていなくても、同僚とキャバクラや風俗の話などを平気でペラペラする男性がいますから、自然に同業者に関して冷たい目で見ている女性がよくいます。

 

つまりテレビ業界・放送作家の女性はセクハラなどに遭遇する割合が高いので、本気で付き合いたいと思う男性には誠実さを求めているのです。

 

下ネタが得意という男性もいると思うのですが、出来ればテレビ業界・放送作家の女性には最初から下ネタトークを飛ばすことなく、真面目な内容で話しかけて欲しいです。

 

またテレビ業界人によってはラフな服装で仕事をしている方も多くいます。

 

いつもラフな服装の男性ばかり見ていると、男性のネクタイ姿にトキメクものです。

 

特別オシャレなネクタイでなくても、清潔感のあるネクタイとスーツやワイシャツだけで普段一緒に仕事をしているメンバーとは印象が異なりますので、良いアピールになります。

 

更に靴の汚れを無くすなどの細心の注意をしていると好感触です。

 

業界人の中には金ぴかの時計などのアクセサリーを身に着けてアピールする方もます。

 

だからこそ、アクセサリーはシンプルなものがお勧めです。

 

テレビ業界・放送作家の女性には、とにかく仕事に関しては全面的に理解を

仕事柄男性と女性が特別変わらない場合があり、24時間稼働するとも言えるテレビ業界です。

 

ロケで出張があるとか、朝早くから現場の立ち会い、夜から始まる長い会議など担当となる番組によってはハードな生活を過ごしている事が多いのがテレビ業界・放送作家の仕事です。

 

また大きな番組でもない限り、通常は複数の番組を掛け持ちしているので、何時から何時まで勤務という形で働かないフリーの方もいます。

 

収入が多くとも、時間が不規則で体を壊す業界人も少なくないので、まずは仕事のハードさを理解して「大変だね」と労うタイプは人気です。

 

あまりに仕事が忙しく、時にデートをキャンセルする事もありますが決して男遊びしているわけではない事も理解してください。

 

ここで「仕事と俺とどっちが大切だ」という質問も禁句です。

 

仕事で頑張る彼女を陰ながら支えてあげる心が必要になります。

 

また急に仕事の空き時間が出来たという場合もあり、いきなり遊べるケースもたまにあるので、そんな時は臨機応変に対応出来ると良いでしょう。

 

せっかくのチャンスを断ってばかりの男性は嫌われてしまいます。

 

それから芸能人のサインを頼むという事は時に嫌われる可能性があるので、そういったタブーはしっかりと守るのもポイントです。

 

テレビ業界・放送作家の女性は普通の出会いを求めています!

いろいろな方たちと仕事を通じて出会うチャンスが多い放送作家ですが、仕事とプライベートを完全に分けている方も多いので、新しい出会いは大歓迎です。

 

特に放送作家は周りから「先生」と呼ばれている立場にいます。

 

気を遣われてはいるものの、自分の実力がないとすぐ首にもなる厳しい世界ですから、ストレスを感じている方が案外多く感じられます。

 

反面プライベートでは癒されたいとも思うので、一緒にいて落ち着くような雰囲気がある男性のほうが人気があります。

 

どうしてもテレビ業界・放送作家はトレンドに強い、収入が比較的多いなどがあって引け目を感じて口説いてこない男性もいますから、そこはあえてチャレンジしていくほうが実は上手くいく事も多いですのでぜひ思い切り口説いてください。

⇒テレビ業界・放送作家の女性に出会える!おすすめ恋活ランキング